サイトマップお問い合わせ


ストレスはバストアップの大敵

日曜日, 12月 20th, 2015 by

バストアップに最も重要なのは、女性ホルモンの正常な分泌です。

そのため女性ホルモンを正常に分泌させたり、女性ホルモンと同じような働きをする物質を含む食物を摂取したり、働きを助けたりといったことがバストアップにつながります。

また女性ホルモンが分泌されていたとしても、バストを作る脂肪分やそれを支える筋力がないと美しいバストは出来上がりません。

その要素が全て適度に合わさったときに、成功するものです。

このバストアップの大敵はストレスです。

ストレスには精神的なストレスと、肉体的なストレスがあります
対人関係や仕事、育児などの悩みは精神的なストレスを生み、冷房の効きすぎている場所に長時間いることや過度のダイエット、疲れすぎなどは肉体的なストレスを与えます。

精神的なストレスを感じているときには、人間は「寝られない」という肉体的な問題も抱えることになるでしょう。

このような様々なストレスを抱えることで、交感神経に負荷がかかります。

それによって副交感神経の働きが悪くなり、内臓機能や分泌機能も悪くなってゆきます。

またストレスを回避しようとアドレナリンが分泌されます。

アドレナリンが過剰に分泌され続けると血管が収縮を起こし、血流が悪くなります。

このような状態は女性ホルモンの分泌も妨げ、その働きを相互に支える他のホルモンのバランスも崩れます。

血流が悪ければ、バストに栄養素を運べない上に、新陳代謝が鈍り老廃物を排泄できなくなってしまいます。

ストレスを感じていることで良質な睡眠が取れないと、成長ホルモンが分泌されなくなってしまいます。

バストアップに密接な成長ホルモンは、夜の10時から深夜2時までの寝ている間に分泌されます。

この時間にしっかりと就寝していなければ、分泌のタイミングを失ってしまうのです。

これらはバストの問題に限らず、美容全般や健康に関わってきます。

ストレスは貯める前に解消しましょう。

精神的なストレスが解消されれば、肉体的なものも軽減されますし、その反対も言えます。

適度な運動や睡眠、バランスの良い食事は、ストレス耐性を作ることにも役立ちます。

健全肉体に健全な精神が宿るといいますが、健全な精神とはストレス耐性を指していると言っても過言ではありません。

ストレスを解消しきれずに抱えていれば、穏やかではいられないものです。

入浴や呼吸法、旅行などで環境に変化を与える、音楽を聞く、アロマ、エステなど、様々な解消法があります。

自分にあったものを見つけましょう。

それによってバストアップの効果も現れてきます。

Comments are closed.